家族が帰省すると時々行くロイヤルホストについて

Posted on by .

昨日、実家の家族が地元に規制するというのでお昼に誘われました。月に一回程関西方面から帰省します。

以前は、今よりもっと間隔が空いていましたが、飛行機運賃がだいぶ安くなったようでマメに帰るようになりました。

帰るたびにランチに誘ってくれます。近所の美味しいお蕎麦屋さんやラーメン屋さんがほとんどですが、時々、ロイヤルホストにも行ったりします。

ロイホは家族が好きで、普段は行くことがありませんが帰省した折は行ったりします。どうして普段行かないかというとズバリ値段が高いからです。

チェーン店と言っても食事の大体の値段は千円前後です。昨日、三人で行きましたが5千円ぐらいは軽くかかります。

ドリンクバーをつければもっとかかるでしょう。客層もだいぶ落ち着いた感じです。ココスやガストにいるような年齢層ではありません。

食べれば美味しいのは分かりますが値段のためどうしても足が遠のきます。だから、家族が帰省した時に行くだけです。

いつもご馳走になってばかりで申し訳なく思いますがそのランチがとても楽しみです。お土産まで頂いてしまいます。

今度何か返そうといつも思います。でも、何が喜ばれるのかわかりません。聞けばいいですがランチの日は浮かれてしまいいつも忘れてしまいます。

毎年冬に思う踵のガサガサについて

Posted on by .

踵のガサガサが毎年の悩みです。特にここ数年は軽石で削っても全然治りません。若かった頃は軽石で削ればなんとかツルツルになりました。でも、年をとった今はそう簡単にツルツルになりません。

今はほとんど履きませんが若い頃は毎日ストッキングを履いていました。仕事のためですが、踵がガサガサだと一発で伝線します。

そこで、マメに踵を手入れをしていました。それでも、ちょっと手を抜くと周りから指摘されたりします。今でも、指摘された時の恥ずかしさを覚えています。

もっと前から周りでは私の踵が気になっていたことでしょう。ズボラな私は踵のガサガサが全然気になりませんでした。夏場もあまりサンダルを履く習慣がなかったので、気にならなかったのかもしれません。

サンダルを履いていたら踵もきれいにしていたでしょう。それでも、やっぱり踵は気になります。脚の手入れをしてくれるようなお店に行ってみたい気もします。

以前、通勤途中にそんなお店がありました。足の爪や踵など専門家に手入れしてもらうとピカピカになります。

踵用のお手入れグッズをドラッグストアでよく見かけます。気にはなりますがなかなか軽石から脱却でできません。

軽石は安いからですが女性たるもの自分磨きのために投資も必要だと思っています。

ベビ待ち妊活にヨガ、よもぎ蒸し、ベビ待ちサプリ

Posted on by .

ベビ待ち妊活にヨガ、よもぎ蒸し、ベビ待ちサプリ
ベビ待ちを始めた友達の活動内容を聞いていると、それも妊活なんだ!と感心する内容も多く、
ベビ待ち目的でなくても女性としては実に良いことをしている感満載の内容です。

まず、私のイメージでは、妊活とは基礎体温を測るだの、生理周期がどうのこうのだとか、そんなイメージでした。
しかし友達の妊活は、ベビ待ちのためにまず「妊娠するための身体をつくること」だそうです。なるほど・・・。

具体的に何をやっているのかというと、妊娠で一番大事な子宮を温め、動きを健康的によくするそうです。
よく聞く女の子は足を冷やすなとか、おなかを冷やすなとか、それも本当に大事で子宮にも繋がってるとのことだそうです。

友達は、ヨガ、太極拳、よもぎ蒸し、こ3つを取り入れ妊活を行っていました。
ヨガと太極拳は月に何回か通って、マスターしたものを自宅で毎日やっているそうです。
実際にお教えてもらいましたが、ゆっくりとした動きでも身体が温まってきます。
本当に子宮も温まってるかも!って思わず思っちゃうぐらいです。
よもぎ蒸しは行きたくなったら行く程度らしいですが、漢方が直接身体に染みわたり、呼吸によって臓器にも届きおススメなんですって。

あと忘れちゃいけないのがサプリなどでの栄養補給、今はベビ待ち用のサプリなんかもいろいろとあるそうで
彼女はマカと葉酸を飲んでいるとの事。

妊活ならベビ待ちサプリっていうのが今は常識のようです。
わたしもこの先のベビ待ちの参考になる貴重なお話を聞けました!興味津々です。

お酒は肝機能を気遣いながら

Posted on by .

肝臓に関することですが,私は酒を飲む時は常に肝臓のことを気にして飲んでいます。

酒の飲み過ぎは肝臓に悪影響を及ぼすことは10代の頃から周りの人達から聞いて知っているからです。
私が社会人になったとき,父は会社の飲み会がある場合は「チーズを1個食べておけ」といつも言っていました。私は父のいいつけを守り,今でも酒を飲む時は必ずチーズを食べます。

チーズには肝臓に良い””オルニチン””が含まれているからです。それに私は夕食の時に必ずチーズを食べないと1日が終わった気がしません。
私は酒は家で夕食の時だけに飲むと決めています。もし,職場での飲み会があっても今は健康を考えてていねいに断っています。(今は派遣社員なので正社員時代と違って飲み会の回数は減りましたし,断りやすい環境になりました)

そして,私が酒を飲む時は必ず料理を多く食べます。つまり,つまみを多く食べてくださいということです。つまみをあまり食べずに酒ばかり飲む人がいますがこれは肝臓にとても悪いのでやめるべきです。肝臓は””沈黙の臓器””と言われ,少しの無理は症状は出ませんが痛みなどの症状が出てからでは遅いのです。

そうならないためにも酒を飲む時はつまみや料理を多く食べながら飲む習慣をつけましょう。
私はワインとビールしか飲みません。ですから,野菜が多い時はワインを飲む量も少なくてすみます。また,肉もよく食べるので赤ワインを飲みます。つまり,動物性タンパク質を摂取するので赤ワインと肉は相性がよく肝臓への負担も減らせます。

また,ビールを飲む時はジャーマンポテトと枝豆とソーセージを食べます。これもタンパク質を多く摂取できますので良い飲み方だと思います。
とにかく,酒を飲む時は肝臓のことを考えて飲むようにしましょう。肝臓は我々が寝ていても必死で働いてくれている我慢強い臓器なのですから酒を飲む時は肝臓のことを考えて楽しく飲みたいものです。

また、チーズやおつまみというとカロリーやコレステロールもやや気になりますよね。
そんな時はサプリメントというてもあります。肝機能改善サプリはオルニチンだけでなく、ニンニクやシジミを濃縮したものなどいろいろとあります。そうそう、ウコンもそうですね。

どちらにしろ肝臓を壊してしまっては楽しいお酒も飲めなくなってしまいます。普段から気をつけたいものですね。

ネイルは特別な日の自分へのご褒美

Posted on by .

image

主婦であり、読み聞かせなどの子どもに接する活動もしている私にとって、ネイルは日常のものではなく特別なもの。

 

好きなアーティストのライブに行く時やパーティーの時、旅行先などで楽しむ自分へのご褒美です。

普段からいつも指先をきれいにしているわけにはいかないけれど、ここぞというときの爪のおしゃれは、私をちょっとだけゴージャスな気分にしてくれます。

最近ではハワイやソウルなど海外旅行先で、日本語のできるネイルサロンを調べて予約しておくこともあります。旅行先でスパを予約してリラックスするのと同じような感覚で、ネイルサロンで爪をお手入れしてもらいます。

洋服に合わせて、また気分に合わせて、いつもとは違う華やかなおしゃれを楽しむのはいいものですね。

私の手は小さめで、爪の形も小さめなので、自分の爪を活かすネイルは可愛らしい感じになってしまいます。

まだ経験はないのですが、ネイルチップを利用して大人っぽい雰囲気のネイルや、ゴージャスな雰囲気のネイルにも挑戦

してみたいです。街などで素敵なネイルをしている方がいると、つい視線が釘付けになってしまいます。

ただ単に派手な爪をしているということではなく、その人に合ったネイルをしていて、手のしぐさが人柄を表すように優雅だったりすると思わず見とれてしまいます。

最近はネイル資格通信講座なんてものにも興味津津^^

私にはまだまだほど遠いですが、素敵なネイルに合った振舞いができる人になれたらいいなあと思います。

photo:.Krol by flickr